ニュース

  • ニュース一覧
  • 県岐阜商ベスト16進出 慶応義塾をストレートで下す 春高バレー男子

県岐阜商ベスト16進出 慶応義塾をストレートで下す 春高バレー男子

 春高バレー=第75回全日本バレーボール高校選手権大会は5日、東京体育館で男女2回戦が行われ、岐阜県代表の男子・県立岐阜商業は神奈川の慶應義塾をセットカウント2対0で下し、3回戦へ駒を進めました。

 県岐商はキャプテンのセッター野田の頭脳的なトス回しで林、遠藤、櫻田のクイック、時間差など多彩な攻撃を見せ、
ブロックで粘る慶応を振り切り、第1セットを25対23で取りました。

 第2セットも常にリードを奪う展開で25対20で取って慶応義塾をセットカウント2対0で下し、2大会連続のベスト16進出を決めました。

 6日の3回戦で2022年夏の全国高校総体を制した京都の東山と対戦します。

関連記事