ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県高山市で消防出初式 消防署員や消防団員らが防火への意識高める

岐阜県高山市で消防出初式 消防署員や消防団員らが防火への意識高める

江戸時代から伝わる岐阜県高山市の消防出初式が5日、開かれました。 高山市の出初式...
消防出初式に参加する消防署員と消防団員ら=5日午前、高山市総和町、高山西小グラウンド

 江戸時代から伝わる岐阜県高山市の消防出初式が5日、開かれました。

 高山市の出初式は、約180年前の江戸時代に当時の郡代・豊田藤之進が火消組を集めたのが始まりです。

 高山市の西小学校グラウンドで行われた出初式は、新型コロナウイルスの感染防止から3年連続で規模を縮小して開催され、消防署員と消防団員あわせて約200人が参加しました。

 式典では、田中明市長が式辞を前に、先月問題になった自身のタバコのポイ捨てを謝罪した上で、「防火・防災体制の充実強化や活動支援を図って行きます」と挨拶しました。

 5日は、団員らが息を合わせてグランドを駆ける「舞い込み」や「巻き込み」などの特殊訓練は見送られましたが、田中市長らが各団を見て回りました。
 
 高山消防署によりますと、2022年の火災件数は20件で、2021年と比べ9件減少しているということです。

関連記事