ニュース

  • ニュース一覧
  • 飛躍の1年への願い込めて 関市虎屋の干支(えと)最中 (ぎふチャンラジオ 「Cross Time」)

飛躍の1年への願い込めて 関市虎屋の干支(えと)最中 (ぎふチャンラジオ 「Cross Time」)

関市にある和菓子店・関市虎屋が、2022年12月28日から干支最中の販売を始めま...

 関市にある和菓子店・関市虎屋が、2022年12月28日から干支最中の販売を始めました。正月に喜んでもらえる和菓子をと考え、毎年この時期に作っています。

 来年の干支・ウサギにちなんだ最中です。丸い形をした生地には、関市のイラストレーター小川アヤコさんが描いたウサギと富士山、それに満月のイラストがあしらわれています。

 飛躍する年への願いを込めて、ウサギが富士山を飛び越えるというデザインです。

 

 最中には、北海道産の小豆を使った粒あんと栗の甘露煮が一粒入っています。甘さは控えめに仕上げています。

 店主の古田敦資さんは、「2023年も、和菓子を通して笑顔になってもらい、幸せを届けていきたい」と話していました。

 店は、年内は休まず営業し、2023年1月1日は休みで、1月2日から営業します。

帰省の土産としてもお勧めの、縁起の良い和菓子です。

(ぎふチャンラジオ「Cross Time」(毎週月曜)内「小沢典子のスイーツタイム22年12月26日放送分=から)

 

関連記事