ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県内各地で新年に向けて準備 金神社で大しめ縄取り付け作業・高山市でみそぎ神事

岐阜県内各地で新年に向けて準備 金神社で大しめ縄取り付け作業・高山市でみそぎ神事

県内各地では、新年に向けた準備が進められています。 このうち岐阜市の金神社では3...
大しめ縄を取り付け新年を迎える準備を進める=30日午前、岐阜市金町、金神社

 県内各地では、新年に向けた準備が進められています。
 
 このうち岐阜市の金神社では30日、境内にある約30本のしめ縄を神職や巫女ら約20人が張り替える作業が行われました。

 このうち本殿では長さ8メートルの大しめ縄を男性4人がかりで柱に取り付け、新年を迎える準備を整えました。

 一方、高山市の阿多由太神社では、真冬の川に身を浸し、2022年の厄を落とすみそぎ神事が行われました。

 参加した男女16人は本殿でおはらいを受けたあと、神社の前を流れる水温5度の荒城川に入り、身を切るような寒さのなか、2023年の無病息災を願いました。
      
※京都から参加した男性
 「コロナが来年には収束して、みんなが元気にマスクなしで出来るようになればと思います」

関連記事