ニュース

  • ニュース一覧
  • 年末年始の北アルプス登山は安全第一で 岐阜県警山岳警備隊員や県職員らが呼び掛け

年末年始の北アルプス登山は安全第一で 岐阜県警山岳警備隊員や県職員らが呼び掛け

年末年始に北アルプスに入る人たちへ、登山届の提出と安全な行動を呼び掛ける活動が2...
山岳遭難防止を呼び掛ける職員ら=28日、高山市奥飛騨温泉郷

 年末年始に北アルプスに入る人たちへ、登山届の提出と安全な行動を呼び掛ける活動が28日、高山市で行われました。

 年末から年始にかけては例年、多くの登山者が北アルプスに入ります。

 28日、高山市奥飛騨温泉郷神坂の新穂高登山指導センター前では、夜明け前から県防災課の職員や県警山岳警備隊員ら6人が、山へ向かう人たちにウエットティッシュを配りながら、「無理のない行動を」と声を掛けました。

※香川県からの登山者
 「体調も装備も万全を期して(冬山に)挑んでいきます」

※県警山岳警備隊 河合辰幸隊長 
 「十分な装備と体力、計画性をもって登山されると思いますけど、天候の急変があった場合にはしっかりと中止して、安全に帰って来ていただきたいと思います」

 県警山岳警備隊は、民間の北飛山岳救助隊と協力して来年1月4日まで、冬山警備にあたります。

関連記事