ニュース

  • ニュース一覧
  • 【年末回顧ぎふ・中】コロナの猛威、球児の夢舞台にも影 観光客は徐々に戻る 岐阜県内7~12月 

【年末回顧ぎふ・中】コロナの猛威、球児の夢舞台にも影 観光客は徐々に戻る 岐阜県内7~12月 

2022年に起きた岐阜県内のニュースを振り返る「年末回顧ぎふ」。今回は下半期です...
3年ぶりに行われた秋の高山祭。観光客は徐々に戻る=10月9日、高山市内

 2022年に起きた岐阜県内のニュースを振り返る「年末回顧ぎふ」。今回は下半期です。


「号外です」「えっ?!」
 安倍晋三元首相が銃撃されるというニュースに激震が走るなかで行われた参議院議員選挙。岐阜選挙区は1枠を5人の候補者が争いました。

 野党は候補者調整ができず、9年ぶりの競合となった結果、手堅く組織を固めた自民の渡辺猛之さんが大差をつけ、3回目の当選を果たしました。

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目を迎えた22年。夏以降はこれまでに経験したことのないスピードで感染が拡大し、8月23日には過去最多となる5116人の感染が確認されました。

 コロナの影響は球児の夢の舞台にまでー。

 夏の高校野球選手権大会で甲子園への切符を手にした県立岐阜商業。しかし、新型コロナウイルスの集団感染に見舞われ、メンバーを10人入れ替えて初戦に臨むことに。結果は1対10と涙を呑みましたが、最後まであきらめない球児たちの姿に球場からは大きな拍手が送られました。 

 ただ、10月には国内観光振興事業「全国旅行支援」がスタート。県内でも秋の行楽シーズンを楽しむ観光客の姿が多く見られました。

(KBS提供)


 明るい話題や衝撃的なニュースなど、さまざまな出来事が駆け巡った2022年。長引くコロナ禍や円安、記録的な物価高など、生活の中の「戦い」はまだまだ続きそうです。

            

関連記事