ニュース

  • ニュース一覧
  • 全国高校ラグビー 岐阜工6トライで17年ぶり花園勝利 高知中央に38対15 次戦は佐賀工と

全国高校ラグビー 岐阜工6トライで17年ぶり花園勝利 高知中央に38対15 次戦は佐賀工と

第102回全国高校ラグビー大会は27日、東大阪市の花園ラグビー場で開幕し、岐阜県...
抱き合って喜ぶ岐阜工のフィフティーン=27日、花園ラグビー場

 第102回全国高校ラグビー大会は27日、東大阪市の花園ラグビー場で開幕し、岐阜県代表の岐阜工は高知中央を38対15で下して2回戦に駒を進めました。

 5大会ぶり19回目の出場となる岐阜工の初戦は、4大会連続出場の高知中央との対戦。

 岐阜工は立ち上がり9分に岩田がゴール右隅へ飛び込み先制トライ。16分には田中、さらに21分には堀大我がそれぞれトライを奪い、17対3で前半を折り返します。

 主導権を握った岐阜工は後半に入っても攻撃の手を緩めず、4分に岡島、11分に田淵、27分には堀新太朗がトライを決めました。

 2トライを返されたものの、岐阜工は結局38対15で、花園では17年ぶりの白星をマークして2回戦進出を決めました。

 岐阜工は30日の2回戦で、シード校の佐賀工と対戦します。

関連記事