ニュース

  • ニュース一覧
  • スポGOMI甲子園、東京都内で全国大会 岐阜県代表「マリアBLUE」(聖マリア女学院高)も奮闘

スポGOMI甲子園、東京都内で全国大会 岐阜県代表「マリアBLUE」(聖マリア女学院高)も奮闘

高校生のごみ拾い日本一を決めるスポGOMI(ゴミ)甲子園2022全国大会が東京で...
スポGOMI甲子園に出場した「マリアBLUE」のメンバー=26日、東京都内

 高校生のごみ拾い日本一を決めるスポGOMI(ゴミ)甲子園2022全国大会が東京で開かれました。岐阜県からは聖マリア女学院高校「マリアBLUE(ブルー)」が出場し、奮闘しました。

 この大会は、街や海のごみ問題を自分ごととして捉えてもらおうと、日本財団が推進する「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR  THE  BLUE」の一環として開かれていて、全国の地区大会を勝ち抜いた高校生35チームが参加しました。

 競技は3人でチームを組み、60分の制限時間内に定められたエリアのごみを拾い、その質と量をポイントで競うものです。

 「がんばるぞ! オー」ー。掛け声で気合を入れる「マリアBLUE」の3人。隅田川沿いや東京スカイツリー周辺を歩き回って、空き缶やビン、たばこの吸い殻などおよそ4キロのごみを拾い集めました。

 優勝こそ逃しましたが、マリアBLUEの3人は「協力して拾い集めることができてよかった。岐阜よりごみが少ないと感じた」と振り返りました。


 なお優勝は埼玉県代表のチームで、全チームが集めたごみの総重量はおよそ270キロでした。

関連記事