ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県がイベントの後援2件取り消し 2021年開催、旧統一教会の関連団体が開催 県の後援基準に反するため

岐阜県がイベントの後援2件取り消し 2021年開催、旧統一教会の関連団体が開催 県の後援基準に反するため

岐阜県は27日、旧統一教会の関連団体が2021年に開催したイベント2件について、...
岐阜県庁

 岐阜県は27日、旧統一教会の関連団体が2021年に開催したイベント2件について、後援を取り消した、と発表しました。

 岐阜県が後援を取り消したのは、21年7月に県内各地で行われた「PEACE ROAD(ピースロード)2021 in Gifu」と、10月に岐阜市で開かれた「家庭ビジョンセミナー」の2件です。

 県によりますと、ピースロードではサポータ―から集めた支援金の記録や管理が行われていませんでした。また家庭ビジョンセミナーでは、県が後援する際に認めていない賛助金を参加者から集めたり、旧統一教会の関連団体「UPF=天宙平和連合」を称賛する映像を流したりしていました。

 いずれも安倍元総理の銃撃事件を受けて行った主催者への聞き取り調査などで発覚したといい、県の基準に反するため後援を取り消したということです。

関連記事