ニュース

  • ニュース一覧
  • 【23日夕発表】岐阜県山間部24日明け方から警報級の大雪のおそれ 今シーズン最も強い寒波 平野部で積雪のところも

【23日夕発表】岐阜県山間部24日明け方から警報級の大雪のおそれ 今シーズン最も強い寒波 平野部で積雪のところも

強い冬型の気圧配置の影響で、岐阜県内は24日明け方から昼過ぎにかけて山間部を中心...
雪またじ(雪かき)をする住民=23日朝、高山市上三之町

 強い冬型の気圧配置の影響で、岐阜県内は24日明け方から昼過ぎにかけて山間部を中心に、警報級の大雪となる見込みです。

 気象台によりますと、日本付近は強い冬型の気圧配置となり、東海地方の上空には今シーズン最も強い氷点下30度以下の強い寒気が流れ込むため、岐阜県内は24日明け方から昼過ぎにかけて、山間部を中心に警報級の大雪となる見込みです。

 また24日昼前にかけて、平野部でも大雪となるところがありそうです。

 23日午後4時現在の積雪は大野郡白川村で44センチ、郡上市長滝で30センチなどとなっています。

 白川村では23日、雪がしんしんと降り積もる中、多くの訪日外国人観光客が訪れ、白銀に染まった合掌集落を写真に収めていました。

 24日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多いところで
▼美濃地方・飛騨地方とも山間部 70センチ
▼美濃地方の平野部 20センチ
▼飛騨地方の平野部 40センチ

  その後、25日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多いところで
▼美濃地方・飛騨地方とも山間部 20~40センチ
▼美濃地方の平野部 1~5センチ
▼飛騨地方の平野部 10~20センチ
の見込みです。

 気象台は、大雪や路面の凍結による交通障害に注意・警戒するよう呼び掛けています。

関連記事