ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜・揖斐川町の土木工事めぐる贈収賄の罪で職員と業者を起訴 岐阜地検 職員は懲戒免職 

岐阜・揖斐川町の土木工事めぐる贈収賄の罪で職員と業者を起訴 岐阜地検 職員は懲戒免職 

岐阜県揖斐川町が発注した土木工事をめぐり、業者側に便宜を図った見返りに現金およそ...

 岐阜県揖斐川町が発注した土木工事をめぐり、業者側に便宜を図った見返りに現金およそ350万円を受け取ったとされる事件で町職員と業者がきょう、それぞれ収賄と贈賄の罪で起訴されました。
 

 岐阜地検が収賄の罪で起訴したのは揖斐川町春日振興事務所長の男(55)。また、贈賄の罪で起訴したのは揖斐川町の土木工事請負業「安藤組」の社員の女(56)です。

 町職員は2020年2月から9月までの間、安藤組が町と請負契約を結んだ土木工事に関して業者の女に便宜を図り、その謝礼と知りながら4回にわたってあわせて現金およそ350万円を受け取ったということです。

 安藤組はこの工事をおよそ2250万円で落札しましたが、その後金額を増額して町と契約内容を変更したとみられます。

 揖斐川町はきょう付で 男を懲戒免職処分としました。

関連記事