ニュース

  • ニュース一覧
  • 〝次世代クレカ〟利用でB3岐阜スゥープスを応援 十六カードとナッジが連携

〝次世代クレカ〟利用でB3岐阜スゥープスを応援 十六カードとナッジが連携

十六フィナンシャルグループの十六カードは21日、次世代型のクレジットカードを発行...
岐阜スゥープスの支援のための契約を締結した関係者=21日午前、岐阜市神田町、NOBUNAGAキャピタルビレッジ

 十六フィナンシャルグループの十六カードは21日、次世代型のクレジットカードを発行する企業と連携し、バスケットボールB3リーグ「岐阜スゥープス」を応援する新たな取り組みをスタートさせたと発表しました。

 ベンチャー企業ナッジが提供するクレジットカード「Nudge(ナッジ)」は、利用金額の一部が好きなスポーツチームなどの応援につながる次世代型カードとして注目されています。

 ナッジは企業やスポーツチーム、自治体などを「クラブ」と称して、カード利用者の利用金額の一部をクラブの収益とします。一方、利用者はクラブ側からオリジナルコンテンツなどの特典が届きます。

 十六カードはナッジとの連携によりスゥープスを支援することで地域貢献につなげたい考えで、吉村文孝社長は「『好きを応援する』ことで地域のスポーツチーム、コミュニティの魅力発信につながれば」と述べました。

 また、ナッジの沖田貴史社長は「日常生活を通じて地域を応援できる」と、岐阜スゥープスの那須史明社長は「日常に溶け込むサービスは我々にとってもプラス」と話しました。

関連記事