ニュース

岐阜拘置支所で30代の女性被告が死亡

岐阜市にある岐阜刑務所の岐阜拘置支所で16日、収容されていた30代の被告の女性が...

 岐阜市にある岐阜刑務所の岐阜拘置支所で16日、収容されていた30代の被告の女性が死亡したことが分かりました。

 岐阜刑務所によりますと16日午前9時半ごろ、刑事事件で起訴されて岐阜拘置支所の単独室に収容されていた30代の被告の女性が意識が混濁した状態になっているのを刑務官が見つけました。女性は救命措置を受け市内の病院に運ばれましたが、16日午前11時ごろ、死亡が確認されました。女性には持病があり以前から投薬による治療を受けていましたがこの日は、体調が悪く食事が取れていなかったということです。

 岐阜刑務所は女性への対応に問題はなかったとして「今後とも、収容者の健康管理に万全を期すとともに再発防止に努める」とコメントしています。
 

関連記事