ニュース

  • ニュース一覧
  • 雪の中部縦貫道 大型トラックと乗用車が正面衝突、1人死亡 岐阜・高山市

雪の中部縦貫道 大型トラックと乗用車が正面衝突、1人死亡 岐阜・高山市

14日夜、岐阜県高山市の中部縦貫自動車道で大型トラックと乗用車が正面衝突し、乗用...

 14日夜、岐阜県高山市の中部縦貫自動車道で大型トラックと乗用車が正面衝突し、乗用車を運転していた34歳の男性が死亡しました。

 14日午後7時ごろ、高山市清見町夏厩(なつまや)の中部縦貫自動車道で、大型トラックと乗用車が正面衝突しました。

 警察によりますと、乗用車を運転していた相模原市の男性(34)が市内の病院へ運ばれましたが、頭などを強く打っていて間もなく死亡しました。大型トラックを運転していた飛騨市神岡町の男性会社員(57)にけがはありませんでした。

 現場は中央分離帯のない片側1車線の緩やかなカーブ。事故当時は雪が降っていて、路面に積もっていたということです。警察はどちらかが対向車線にはみ出したとみて、詳しい事故原因を調べています。

 この事故の影響で、中部縦貫自動車道の飛騨清見インターチェンジから高山西インターチェンジ間の上下線が、15日午前0時45分までおよそ5時間にわたって通行止めとなりました。

関連記事