ニュース

  • ニュース一覧
  • 警察官は持久力も大切…10キロ激走 岐阜県警が恒例の長良川マラソン大会 トップは「山」も「川」も制す

警察官は持久力も大切…10キロ激走 岐阜県警が恒例の長良川マラソン大会 トップは「山」も「川」も制す

岐阜県警察学校の恒例行事「長良川10キロマラソン大会」が12日、岐阜市の長良川畔...
恒例の10キロマラソンでスタートをきる新任警察官=12日午前、岐阜市の長良川右岸「高橋尚子ロード」

 岐阜県警察学校の恒例行事「長良川10キロマラソン大会」が12日、岐阜市の長良川畔で開かれ、新任警察官らが健脚を競いました。

 長良川10キロマラソン大会は、警察官に必要な気力や体力を養うため毎年行われている恒例行事で、今回は初任科第448期生の男女42人が参加しました。

 穏やかな冬晴れの下、初任科生らは岐阜市の通称「高橋尚子ロード」のおよそ10キロのコースを力走し、仲間の声援を受けながら次々とゴールしていきました。


※全体トップの38分20秒で完走 竹内航大 巡査
「前回の金華山(早駆け競走)の時に1位を獲っていて、両方とも1位という証明ができたので良かったと思っています。もっと努力してしっかりと体力をあげて市民を助けられるようにしたいと思っております」
※女性トップの46分40秒で完走 河出あさひ巡査
「(クラスTシャツ姿で)きょうは絶対てっぺん獲るぞっていう思いで着てきました。困っている人の近くにいち早く駆けつけられるように、そんな格好良くて優しい警察官になりたいです」

 初任科生は2023年1月26日に警察学校を卒業した後、県内各地の警察署に配属されます。

関連記事