ニュース

  • ニュース一覧
  • 絶対に落ちない「かなうわバット」 岐阜県下呂市の下呂温泉合掌村で受験生ら祈願

絶対に落ちない「かなうわバット」 岐阜県下呂市の下呂温泉合掌村で受験生ら祈願

岐阜県下呂市で作られる、受験生に人気の祈願グッズ「かなうわバット」に名前を書き込...
河原さんが文字を入れた「かなうわバット」=3日午前、下呂市森、下呂温泉合掌村

 岐阜県下呂市で作られる、受験生に人気の祈願グッズ「かなうわバット」に名前を書き込むサービスが、市内の観光施設で進められています。

 「かなうわバット」は1本の木材から削り出された長さ30センチほどのバットです。

 グリップの輪が絶対に落ちない構造になっていて、困難に「打ち勝つ」縁起物として受験生らの人気を集めています。 

 「合格」や「夢」、「幸せ」など6種類があり、2001年の発売開始からこれまでに3万6千本が販売されました。

 3日から始まった名前を入れるサービスでは、バットの考案者で書の師範でもある河原良昭さんが無料で受験生の名前を一文字ずつ丁寧にしたためていました。

※大学受験生
 「第一志望に合格できるように頑張りたいと思います」

※受験生の祖母
 「(孫娘が)高校受験をするので、また買いに来ました。」

※バット考案者 河原良昭さん
 「それぞれの皆さんの願いが叶うように、頑張って書きたいと思っています。」

 「かなうわバット」は1本3100円で、名前を入れるサービスは12月18日と2023年1月7日、14日にも予定されています

関連記事