ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜・高山市の飛騨高山スキー場でリフト取り付け 今月24日オープン予定

岐阜・高山市の飛騨高山スキー場でリフト取り付け 今月24日オープン予定

スキーシーズンを前に岐阜県高山市のスキー場で2日、リフトに座席を取り付ける作業が...
開場に向けてリフトを取り付ける関係者ら=2日午前、高山市の飛騨高山スキー場

 スキーシーズンを前に岐阜県高山市のスキー場で2日、リフトに座席を取り付ける作業が行われました。

 リフトに座席を取り付ける作業が行われたのは、高山市が運営する乗鞍高原飛騨高山スキー場です。

 このスキー場は乗鞍岳の標高1300メートルから1500メートルにあり、パウダースノーの雪質が人気を呼んでいます。

 時折雪が舞った2日は、全長およそ480メートルのもみの木ペアリフトで職員8人が作業を行い、座席を持ち上げておよそ11メートル間隔でワイヤーに固定していきました。

※高山市観光課 乗鞍高原管理事務所 白野智士さん
「当スキー場はパウダースノーで、とても滑りやすいスキー場です。これから本格的な冬を迎えますので、来場をお持ちしています」

 市によりますと、2020年夏の豪雨災害により22年シーズンもペアリフト1基のみの運行となります。オープンは12月24日の予定です。

関連記事