ニュース

  • ニュース一覧
  • 木くずやコンクリがれきなど産業廃棄物を不法投棄の疑い 岐阜・郡上市の兄弟を逮捕、送検

木くずやコンクリがれきなど産業廃棄物を不法投棄の疑い 岐阜・郡上市の兄弟を逮捕、送検

2020年から翌年にかけて、産業廃棄物を岐阜県郡上市内に不法投棄したなどとして、...
岐阜県警察本部

 2020年から翌年にかけて、産業廃棄物を岐阜県郡上市内に不法投棄したなどとして、市内に住む兄弟が、25日までに逮捕・送検されました。


 警察によりますと、廃棄物処理法違反の疑いで逮捕・送検されたのは、ともに郡上市に住む会社社長の男(45)と、弟でこの会社で役員を務めていた男(43)の兄弟です。


 弟は2020年6月ごろから21年11月ごろまでの間に、高鷲町内で木くずなどおよそ36立方メートルを、兄は21年12月ごろ、同じく高鷲町内でコンクリートのがれきなどおよそ5立方メートルを、それぞれ従業員らとともに不法投棄した疑いが持たれています。


 兄が経営する廃棄物処理会社と、当時この会社の従業員だった男性3人も同じ疑いで書類送検されました。


 警察は動機や余罪などを調べています。

関連記事