ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜市議会11月定例会が開会 長良川花火負担金盛った補正予算案など23議案提出 市長、旧庁舎火災で陳謝も

岐阜市議会11月定例会が開会 長良川花火負担金盛った補正予算案など23議案提出 市長、旧庁舎火災で陳謝も

岐阜市議会の11月定例会は24日開会し、2023年夏の開催を予定する(仮称)「ぎ...
11月定例会が開会した岐阜市議会=24日午前、市議会本会議場

   岐阜市議会の11月定例会は24日開会し、2023年夏の開催を予定する(仮称)「ぎふ長良川花火大会」の負担金を盛り込んだ今年度一般会計補正予算案など23議案が提出されました。


   柴橋正直市長は本会議冒頭で、11月17日に発生した旧本庁舎の火災を陳謝しました。

※柴橋市長
 「近隣住民のみなさまをはじめ、市民のみなさまにご心配をおかけいたしました。(解体請負業者に対し)原因究明、および再発防止を指示したところであり、今後より一層安全管理を徹底するよう指導してまいります」

 総額約3億2000万円の一般会計補正予算案には、(仮称)「ぎふ長良川花火大会」の実行委員会設立に向けた負担金2000万円が計上されました。

 また原油価格や物価の高騰に伴い、障害者施設や高齢者施設などの電気やガス、燃料費の一部を助成する支援費として、約2億4200万円が盛り込まれました。

 会期は12月12日までで、一般質問は12月1日から6日まで行われます。

関連記事