ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜・柳ケ瀬の新ランドマーク「柳ケ瀬グラッセル35」で定礎式 2023年春オープン予定 分譲住宅や商業施設入居

岐阜・柳ケ瀬の新ランドマーク「柳ケ瀬グラッセル35」で定礎式 2023年春オープン予定 分譲住宅や商業施設入居

岐阜市の柳ケ瀬地区で2023年春開業に向けて工事が進む再開発ビル「柳ケ瀬グラッス...
岐阜・柳ケ瀬地区の新たなランドマークとなる「柳ケ瀬グラッセル35」=22日午前

 岐阜市の柳ケ瀬地区で2023年春開業に向けて工事が進む再開発ビル「柳ケ瀬グラッスル35」で22日、定礎式が行われました。


 「柳ケ瀬グラッスル35」は、分譲住宅や商業施設などが入る35階建ての複合施設です。

 3年に及んだ工事も終盤となり22日、定礎式が行われ、柴橋正直市長と高島屋南市街地再開発組合の田宮雅雄理事長により、建物内に定礎石が打ち固められました。

 
 田宮理事長は「新しく出店していただける人も増えてきていますので、(今後)しゅん工式を迎えて柳ケ瀬のまちが活気づけば一番良いかなと思っています」と話していました。

 柳ケ瀬グラッスル35は2023年春の開業予定で、ドラッグストアや銀行、美容院など15の店舗が入る予定です。

関連記事