ニュース

  • ニュース一覧
  • 横断歩道を渡っていた89歳男性、車にはねられけが 岐阜・川辺町 過失運転傷害の疑いで19歳会社員逮捕

横断歩道を渡っていた89歳男性、車にはねられけが 岐阜・川辺町 過失運転傷害の疑いで19歳会社員逮捕

22日朝、岐阜県川辺町の交差点で横断歩道を渡っていた89歳の男性が車にはねられ、...
岐阜県警加茂警察署

 22日朝、岐阜県川辺町の交差点で横断歩道を渡っていた89歳の男性が車にはねられ、けがをする事故があり、車を運転していた19歳の男が現行犯逮捕されました。


 過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕されたのは、岐阜県七宗町に住む19歳の会社員の男です。


 警察によりますと、男は22日午前7時半ごろ、川辺町下川辺の県道と町道が交わる交差点で車を運転していて右折しようした際、横断歩道を歩いて渡っていた町内に住む無職の89歳の男性をはねて、けがを負わせた疑いが持たれています。

 
 男性は頭から出血していて病院に搬送されましたが、意識はあるということです。

 
 110番で駆け付けた警察官が現場にいた男から事情を聴き、現行犯逮捕しました。男は容疑を認めているといいます。警察が事故の状況を詳しく調べています。

関連記事