ニュース

  • ニュース一覧
  • 全国知事会 新型コロナ感染抑制のための体制構築求める緊急提言 岐阜県知事「運用の枠組み、方針見えない」

全国知事会 新型コロナ感染抑制のための体制構築求める緊急提言 岐阜県知事「運用の枠組み、方針見えない」

新型コロナウイルスの感染者が全国的に増加し年末年始の感染拡大が懸念されるなか、全...
全国知事会=17日午後、岐阜県庁

 新型コロナウイルスの感染者が全国的に増加し年末年始の感染拡大が懸念されるなか、全国知事会は17日、政府に対し感染抑制のための早急な体制構築を求める緊急提言をまとめました。

  全国知事会は17日開いた会議で、発熱外来の増設やオミクロン株対応ワクチンの追加供給の検討など、政府に対し迅速な対応を求める提言をまとめました。

 この中で岐阜県の古田肇知事は国会で審議中の感染症法改正案について、政府主体で進めていくこに危機感を示しました。

※古田肇知事
 「どう運用していくのか、具体的な運用の枠組み、方針が見えてこないというのが現状であります。こうした大きな制度改正については地方と十分な事前協議を行うとともに、必要に応じて調整移行期間を設けることも考えておいていただきたい」

関連記事