ニュース

  • ニュース一覧
  • 高速道路の安全守るための最新機器や技術をPR 中日本ハイウェイ・エンジニアリング名古屋

高速道路の安全守るための最新機器や技術をPR 中日本ハイウェイ・エンジニアリング名古屋

高速道路の安全を守るために使われる最新の機器や技術を紹介する「イノベーションNA...
高速道路での安全を守るために開発された最新機器=11日、名古屋市内

 高速道路の安全を守るために使われる最新の機器や技術を紹介する「イノベーションNAGOYA2022」が、名古屋市で開かれました。


 このイベントは高速道路の点検を業務とする中日本ハイウェイ・エンジニアリング名古屋が主催し、11回目を迎えます。


 取引先に向けて技術力をPRするとともに、機器の販売も目的としています。


 今回の目玉は、人が入り込めない狭い排水管や道路の裏側に侵入して、調査点検を行うロボットです。千葉工業大学などと共同開発中で、初公開されました。


 ロボットが段差を乗り越えたりすき間をすり抜けたりする様子に来場者が感心の声を上げていました。


 また、作業員の労働環境を向上させるトイレ付きワゴン車は介護業界での活用も期待され、注目を集めていました。

関連記事