ニュース

  • ニュース一覧
  • 御朱印ならぬ「ダム印」いかが ダム完成20年控え、岐阜・小里川ダムで配布始まる

御朱印ならぬ「ダム印」いかが ダム完成20年控え、岐阜・小里川ダムで配布始まる

神社仏閣でブームとなっているのは御朱印ですが、岐阜県恵那市と瑞浪市にまたがる小里...
配布が始まった小里川ダムの「ダム印」=14日午前

 神社仏閣でブームとなっているのは御朱印ですが、岐阜県恵那市と瑞浪市にまたがる小里川ダムでは14日から「ダム印」の配布が始まりました。


 ダム印が配布されているのは小里川ダムの管理支所です。

 ダム印は、はがきサイズの台紙に「小里川大堰(ダム)」「防災 減災」などと書かれ、ダムのイラストがデザインされています。これに、ダムのイメージキャラクター「おりか りお」ちゃんのスタンプを押して完成です。


 早速、ダム印をお目当てに訪れた来場者は「ダムはいろいろ水力発電とか水の調整とか(役割が)あるのは知っていて、ダムカードとかも集めています」と話しました。

 ダム印は小里川ダムが2024年3月に完成20年を迎えることからそのプレイベントとして配布されます。中部地方でのダム印配布は初めてということです。

関連記事