ニュース

  • ニュース一覧
  • ニンジン尽くし「各務原にんじん」を食べよう!弁当 地元の大学生が考案、市長に披露 19日から一般販売 

ニンジン尽くし「各務原にんじん」を食べよう!弁当 地元の大学生が考案、市長に披露 19日から一般販売 

各務原市特産の「各務原にんじん」を使って、地元の大学生が考えた弁当が完成し、10...
学生が考案した「各務原にんじんを食べよう!生彩弁当」=10日午後、各務原市内

  各務原市特産の「各務原にんじん」を使って、地元の大学生が考えた弁当が完成し、10日お披露目されました。

 完成したのは「各務原にんじんを食べよう!生彩(せいさい)弁当」です。

 ニンジンの炊き込みご飯「金魚めし」をはじめ、ニンジン入りのポテトサラダやニンジンの煮物などニンジンがふんだんに使われています。

 市内で開かれた完成報告会には、考案した東海学院大学管理栄養学科の学生8人とマックスバリュ東海などの関係者が出席し、浅野健司市長らが試食しました。

 ニンジンは傷があるなどして店頭には並べられない規格外のもの。提供しているJA全農岐阜によりますと、コロナ禍で飲食店での需要が減っているため、弁当に利用したということです。

※弁当を考案した学生
 「見た目がよく、栄養バランスの整ったお弁当を作りました。多くの方に食べていただけるとうれしいです」

 弁当は税別498円で、11月19日から東海地方などのマックスバリュで販売予定です。

関連記事