ニュース

  • ニュース一覧
  • 自らできることを考える「SDGsフェスティバルin名古屋丸の内」開幕 十六FGなどが開催

自らできることを考える「SDGsフェスティバルin名古屋丸の内」開幕 十六FGなどが開催

SDGsに関わる活動を紹介し、自分にできることを考えてもらうイベント「SDGsフ...
各企業などのSDGsの取り組みを紹介するパネル=10日午前、名古屋・丸の内の十六名古屋ビル

   SDGsに関わる活動を紹介し、自分にできることを考えてもらうイベント「SDGsフェスティバルin名古屋丸の内」が10日、名古屋市で開幕しました。

 この催しは現在実施中の「中部圏SDGsフェスティバル2022」の協賛イベントとして、十六フィナンシャルグループと東京海上日動火災保険が共同で開催するものです。

 オープニングセレモニーで十六フィナンシャルグループの池田直樹社長は「SDGsを経営戦略に取り込み、経済的価値につなげる企業が増えている。前向きな企業の取り組みをぜひ見ていただきたい」とあいさつしました。


 続いて、関係者がテープカットを行い、イベントの幕開けを祝いました。

 期間中は十六銀行名古屋ビルなど2カ所で、地域企業によるSDGsの内容や取り組みを紹介するパネル展やセミナーなどが開かれます。

 このイベントは2023年1月31日までです。

関連記事