ニュース

  • ニュース一覧
  • 税を考える週間前に マジプリ永田さんらがチラシ配り「納税について考えて」 JR岐阜駅前

税を考える週間前に マジプリ永田さんらがチラシ配り「納税について考えて」 JR岐阜駅前

11月11日から始まる「税を考える週間」に合わせて10日朝、JR岐阜駅前で啓発活...
納税の大切さを訴える佐藤奈織美さん(右)とMAG!C☆PRINCEのメンバー=10日午前、JR岐阜駅前

 11月11日から始まる「税を考える週間」に合わせて10日朝、JR岐阜駅前で啓発活動が行われました。

 国税庁は毎年11月11~17日を「税を考える週間」とし、納税の大切さを訴え、意識を高めてもらおうと啓発活動を行っています。

 今回は岐阜・愛知・静岡3県の法人会連合会が協力して行い、駅を利用する通勤客らに来年10月から始まるインボイス制度の周知や、電子申告「e-Tax」の利便性などが書かれたチラシを配布します。


 このうちJR岐阜駅前では、愛知県法人会連合会の広報大使の俳優佐藤奈織美さんや、アイドルグループMAG!C☆PRINCE(マジックプリンス)のメンバーらおよそ50人がチラシを配りながら、「税を考える週間です」と呼び掛けました。


※MAG!C☆PRINCE 永田薫さん
「少しでも皆さんの考えるきっかけになったり、これ(チラシ)を持って帰っていただいて、家族の方と話すきっかけになっていただけたらうれしいな、という思いを込めて啓発活動させていただきました」
※岐阜県法人会連合会 村瀬幸雄会長
「e―Taxはお役所の中で一番デジタルが進んでいるのかなということで、今スマホでも簡単に申告したり、いろんな調べることができるので、それをぜひ皆さんに知っていただきたい」

関連記事