ニュース

  • ニュース一覧
  • 教えて先輩!小学生に高校生が生き方語る 岐阜市の小学校でキャリア講話

教えて先輩!小学生に高校生が生き方語る 岐阜市の小学校でキャリア講話

子どもたちが、年齢の近い高校生から部活や勉強など取り組んできたことを聞き、これか...
児童らにこれまでの生き方を語る森壮平さん=5日午前、岐阜市の則武小学校

 子どもたちが、年齢の近い高校生から部活や勉強など取り組んできたことを聞き、これからの人生に生かすキャリア講話が、岐阜市の小学校で開かれました。


 岐阜市の則武小学校で開かれたキャリア講話は、校区内にある県立岐阜商業高校の生徒19人が講師となって、小学1~6年生の全児童約560人に各教室で、これまでの生き方を語りました。 

 このうち硬式野球部のマネジャーを務めた3年の森壮平さんは、10年間続けてきた野球から学んだことを野球部のユニフォーム姿で紹介。1つのことに挑戦し続ける難しさや感謝の気持ちを持つ大切さを語り、子どもたちに「興味を持っていることにどんどん挑戦してほしい」と語り掛けました。

 子どもたちは少し年上の先輩の話だけに、親近感を覚えながらも熱心に耳を傾け、数年後の自分を想像していました。

関連記事