ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜・恵那市のリニア「長島トンネル」 大井町側非常口造成の環境保全計画発表 JR東海

岐阜・恵那市のリニア「長島トンネル」 大井町側非常口造成の環境保全計画発表 JR東海

リニア中央新幹線で恵那市内で掘削工事が進む長島トンネルについて、JR東海は7日、...
長島トンネルの大井町側非常口が掘削される予定地付近=7日午後、恵那市

 リニア中央新幹線で恵那市内で掘削工事が進む長島トンネルについて、JR東海は7日、非常口を建設するための造成地に関する環境保全計画を発表しました。

 長島トンネルは恵那市の大井町から武並町までの約5.9キロで2022年6月、武並町側からの掘削が始まっています。

長島トンネルの恵那市武並町側の掘削現場=6月

 今回、建設される造成地は大井町側で、県道72号の西側に沿った約1ヘクタールです。

 トンネルの工事中は資材置き場などとして使用し、完成後には非常口となります。

 環境保全計画では住民の生活環境に配慮し、工事車両の通行台数を一日最大で110台とすることなどが盛り込まれました。

 造成地は8日以降、準備ができ次第着工し、長島トンネルは2026年6月に完成する予定です。

関連記事