ニュース

  • ニュース一覧
  • 初代日本一のプリンは岐阜・白川郷プリンの家の「水ぷりん」

初代日本一のプリンは岐阜・白川郷プリンの家の「水ぷりん」

5日、6日の2日間にわたって行われた「日本プリンアワード2022」で岐阜県白川村...

 5日、6日の2日間にわたって行われた「日本プリンアワード2022」で岐阜県白川村の白川郷ぷりんの家が出品した「水ぷりん」が、初代グランプリに選ばれました。

 アワードはぎふ信長まつりに合わせJR岐阜駅北口駅広場で今回初めて開かれ、北海道から宮崎県までの業者が出店しました。味や見た目などバラエティーに富んだそれぞれ自慢のプリン20種類が1個380円から600円で販売され、2日間の各プリンの売上個数と審査員の得点によって初代グランプリ、銀賞、銅賞が決まりました。

 今回岐阜では手に入らないレアなプリンも登場し、午前中に売り切れてしまい、商品追加の手配に追われる店もありました。

 初代グランプリには白川村・白川郷ぷりんの家の「水ぷりん」が、銀賞には大垣市の粋料亭助六の「料亭和ぷりん」、銅賞には鳥取市のTotto PURIN(トットプリン)の「砂プリン」が選ばれました。2日間とも大盛況で長い行列ができたものの、入場規制をかけながら大きな混乱もありませんでした。

関連記事