ニュース

岐阜市の秋の風物詩「ぎふ信長まつり」開幕

岐阜市の秋の風物詩「ぎふ信長まつり」が5日、3年ぶりに開幕し、会場の岐阜駅周辺や...
赤色のマントをまとった黄金の信長像=5日午後、JR岐阜駅・信長ゆめ広場

 岐阜市の秋の風物詩「ぎふ信長まつり」が5日、3年ぶりに開幕し、会場の岐阜駅周辺や金華橋通りは多くの来場者でにぎわいました。

 赤色のマントをまとった黄金の信長像。

 祭りを盛り上げようと、5日から2日間限定でかけられます。

 会場周辺では秋晴れの下、プリンアワード2022や岐阜城戦国絵巻などさまざまなイベントが行われ、食事を楽しんだり戦国時代の衣装を着てまちを散策したりする人の姿が見られました。

※来場者は
 「タイムスリップ体験というのをやっていて、それに応募して当たったので着させてもらった。衣装が着れて嬉しい。楽しかった」

 市によりますと5日の人出は16万人で、例年よりやや多いということです。

 なお、6日は俳優の木村拓哉さんや伊藤英明さんが出演する騎馬武者行列が金華橋通りで行われます。

 ぎふチャンではパレードの模様を生中継でお伝えします。

関連記事