ニュース

  • ニュース一覧
  • 紺野美沙子さん朗読 平和を願う思いを強く、切々と 名誉館長務める岐阜県図書館で

紺野美沙子さん朗読 平和を願う思いを強く、切々と 名誉館長務める岐阜県図書館で

俳優・紺野美沙子さんの朗読会が3日、名誉館長を務める岐阜県図書館で開かれました。...
情感込めた朗読を披露する紺野美沙子さん=3日午後、岐阜市の岐阜県図書館

 俳優・紺野美沙子さんの朗読会が3日、名誉館長を務める岐阜県図書館で開かれました。

 朗読会は、2016年に紺野さんが名誉館長に就任したことをきっかけに、毎年開かれています。

 今回の演目は「星は見ている」。広島原爆で息子を亡くした母親の手記をもとにした作品で、紺野さんは約240人の来場者を前にピアニスト・塩入俊哉さんの演奏に乗せて語りました。

※朗読
 「戦争はやめてほしい、戦争はやめてほしい、戦争というものはこの地球上からなくしてほしい。子どもが前夜、語ったことを追憶してみました」

 亡くなったのは、空襲による延焼を防ぐ建物疎開の作業のために集められていた中学生でした。

 紺野さんはロシアによるウクライナ侵攻や核戦争の脅威にも触れて「わが子を思う気持ちは世界共通」と話し、来場者は平和を願う思いを強くしていました。

関連記事