ニュース

  • ニュース一覧
  • 大垣商工会議所、田口会頭が再任 「コロナ禍での成功事例を共有」 新副会頭に金森氏 臨時議員総会

大垣商工会議所、田口会頭が再任 「コロナ禍での成功事例を共有」 新副会頭に金森氏 臨時議員総会

大垣商工会議所は31日、臨時議員総会を開き、田口義隆会頭(西濃運輸代表取締役)の...
再選され、記者会見で方針を語る田口義隆会頭=31日午後、大垣市内のホテル

 大垣商工会議所は31日、臨時議員総会を開き、田口義隆会頭(西濃運輸代表取締役)の再任を決めました。

 大垣商工会議所が開いた臨時議員総会で再任された田口会頭は、大垣市内のホテルで記者会見し、次のように述べました。


※田口義隆会頭
「大垣地域の強みである生態系、ありがたいことに産官学金、大変強い会社があるので、それぞれの会社の皆さんと連携をしながら、まず一つ目には国内外への販路の開拓、ニつ目にはデジタル化、三つ目には人材の育成確保、そして四つ目には脱炭素など環境の問題に注力していきたい」

 新規事業では会員同士のコミュニケーションを密にし、コロナ禍でも成功した会員企業の事例を共有していく考えを示しました。


 また3人の副会頭には、境敏幸氏(大垣共立銀行頭取)と浅野圭一氏(東海サーモ社長)の2氏に加え新たに金森武氏(大光社長執行役員)が就きました。竹中裕紀氏(イビデン会長)は退任しました。


 いずれも就任は11月1日付で、任期は3年です。

関連記事