ニュース

  • ニュース一覧
  • 日本財団が新技術で「海の地図」整備へ レーザーで浅い海底地形を測量 津波予測などに期待も

日本財団が新技術で「海の地図」整備へ レーザーで浅い海底地形を測量 津波予測などに期待も

日本財団と日本水路協会は、航空機で日本の海岸線の浅い海域を測量して地図化する、国...
日本財団などが始める「海の地図プロジェクト」を説明する画面=東京都内

 日本財団と日本水路協会は、航空機で日本の海岸線の浅い海域を測量して地図化する、国内初の取り組みを始めます。

 
 日本財団と日本水路協会が始める「海の地図PROJECT(プロジェクト)」は、詳細な情報が把握されていない日本の海岸線沿いの深さ20メートルまでの海底地形を、航空機を使って測量、地図化するものです。


 上空からレーザー光を照射する新たな技術で測量するもので、10年間かけて約3万5000キロある日本の海岸線の約90%程度を網羅する、精密な3Dの海底地形図「海の地図」を整備する計画です。


 日本財団の笹川陽平会長は会見で「ここから新たな研究のテーマが出てくることに期待したい」とあいさつしました。

 この日は海に関わる有識者4人によるパネルディスカッションも行われ、「海の地図」が津波の予測など災害対策や生態系の保全など、さまざまな課題の解決につながるものと期待を寄せました。

関連記事