ニュース

  • ニュース一覧
  • モーターグライダー墜落 2人の死亡を確認 岐阜・高山市の山林

モーターグライダー墜落 2人の死亡を確認 岐阜・高山市の山林

高山市高根町の山林に26日、モーターグライダーが墜落した事故で、警察は27日、グ...
墜落したモーターグライダー(ウェイブソアリング飛騨のホームページから)

 高山市高根町の山林に26日、モーターグライダーが墜落した事故で、警察は27日、グライダーに乗っていた男性2人の死亡を確認しました。

 警察によりますと、死亡が確認されたのはいずれも高山市に住む無職の男性(80)と、グライダーが離陸した飛騨エアパークの事務局長の男性(61)で、80歳の男性がパイロットだったということです。

 警察は27日午前に捜索を再開。2人は機体の中から心肺停止の状態で見つかりました。

 グライダーは26日正午前、富山空港に向けて離陸。午後2時すぎに行方が分からないと警察に通報があり、その1時間半後に、エアパークの南東20キロほど離れた山林で墜落した機体が見つかりました。

 国土交通省は航空事故と認定し、27日午後、運輸安全委員会の航空事故調査官2人が高山市丹生川町にある飛騨エアパークに入って、関係者から事情を聴いています。

 西 川輝調査官は「何とか原因を明らかにして、こういった可能性でこうなっただろうということをメッセージとして発信したい」と述べ、1年以内の報告書公表を目指す考えを示しました。

関連記事