ニュース

  • ニュース一覧
  • 未明のコンビニ2店に 相次いで金づち男が押し入る 岐阜・多治見と御嵩 同一犯とみて捜査

未明のコンビニ2店に 相次いで金づち男が押し入る 岐阜・多治見と御嵩 同一犯とみて捜査

27日未明、岐阜県多治見市と御嵩町にあるコンビニエンスストアに、それぞれ金づちを...
強盗未遂事件があったコンビニ=27日午前、多治見市内

 27日未明、岐阜県多治見市と御嵩町にあるコンビニエンスストアに、それぞれ金づちを持った男が押し入りました。男は現在も逃走していて。警察は同一犯の疑いが強いとみて捜査しています。

 27日午前1時半ごろ、多治見市旭ケ丘にある「ミニストップ多治見旭ケ丘店」で、男性店長(58)が店の外で休んでいたところ、金づちを持った男が「金を出せ」と脅し、足をけりました。


 その後、男は店に押し入り金づちでレジを壊そうとしましたが、開かなかったため何も取らずに逃げたということです。店長にけがはありませんでした。


 そのおよそ50分後の午前2時20分ごろには、10キロ離れた御嵩町古屋敷にある「ミニストップ御嵩古屋敷店」に男が押し入り、男性店員(69)に金づちを振り上げて「金を出せ」と脅しました。男は店員の顔を数回殴りましたが、抵抗されたため何も取らずに逃げました。

 この店員は、顔に軽いけがをして病院に運ばれました。


 逃げた男は、いずれも年齢が20歳から30歳くらいで、身長はおよそ1メートル70センチ。黒色のパーカーとズボンを着て、白色の手袋とマスクをつけ、黒色の手提げバッグを持っていたということです。


 警察は、犯行の手口や男の特徴が似ていることから、同一犯の疑いが強いとみて男の行方を追っています。

関連記事