ニュース

  • ニュース一覧
  • 大垣日大 準決勝進出へ、中京は加藤学園に敗れる 秋季東海地区高校野球

大垣日大 準決勝進出へ、中京は加藤学園に敗れる 秋季東海地区高校野球

   2023年春のセンバツの選考対象のひとつとなる秋季東海地区高校野球大会は23日静岡県で準々決勝が行われ、岐阜の大垣日大は三重を下し、準決勝に駒を進めました。

   22日愛知の愛工大名電を破った大垣日大は三重と対戦しました。

    2回に8番山口のタイムリーで1点を先制した大垣日大は、その後も着実に追加点を挙げ、投げては22日に続いて連投となったエース山田が11安打を浴びながらも2点に抑え、4対2で勝って準決勝進出を決めました。

    大垣日大は10月29日、愛知・東邦と対戦します。

     一方、岐阜の中京は静岡の加藤学園と対戦し、2対9で7回コールド負けを喫しました。

関連記事