ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県内各地でイベントにぎわう 高山で飛騨家具フェスティバル、岐阜では大学祭

岐阜県内各地でイベントにぎわう 高山で飛騨家具フェスティバル、岐阜では大学祭

岐阜県内は22日、よく晴れてイベント日和となり、各地で多くの人が訪れました。 高...
3年ぶりに一堂にそろって開かれた飛騨の家具フェスティバル。各社の新作家具などが発表された=22日午前、高山市の飛騨・世界生活文化センター

 岐阜県内は22日、よく晴れてイベント日和となり、各地で多くの人が訪れました。


 高山市では、飛騨の新作家具や木工製品が披露される「飛騨の家具フェスティバル」が22日開幕しました。

 このイベントは、協同組合飛騨木工連合会が、飛騨の家具づくりと洗練されたデザインを世界に発信しようと毎年開いているものです。

 これまで2年間は新型コロナ対策として、各企業のショールームなどで分散開催してきましたが、今回は3年ぶりに飛騨・世界生活文化センターに各社がそろったメイン会場を設置。SDGsの観点から、木々が家具になる過程を表現したブースのほか、15の企業や団体の新作家具や木工製品など約2500点が勢ぞろいしました。

   ※来場者
 「(飛騨の家具は)とっても温かみがあって素敵です」

 飛騨の家具フェスティバルは、高山市内11ヶ所にあるショールームなどと合わせて、10月26日まで開催されます。


 一方、岐阜市の岐阜保健大学では、新型コロナウイルスの影響で3年ぶりとなる大学祭が開かれました。

 ことしのテーマは「距離は遠くとも心は近くに」。コロナ禍で顔を合わせる機会が減った学生たちの交流の場を設けたいとの思いから名付けられました。

 屋外ステージではダンサーによる息の合ったパフォーマンスが会場を盛り上げたほか、教職員や学生によるカラオケ大会、それに縁日やお化け屋敷などもあり、学生らが学科の垣根を越えて交流を深めていました。

関連記事