ニュース

  • ニュース一覧
  • 西濃運輸の船迫巨人5位、林は楽天6位 プロ野球ドラフト 岐阜県ゆかり6人指名

西濃運輸の船迫巨人5位、林は楽天6位 プロ野球ドラフト 岐阜県ゆかり6人指名

プロ野球のドラフト会議は20日開かれました。岐阜県関連では、ともに西濃運輸の船迫...
巨人に5位指名された船迫(左)と楽天6位の林=20日夜、大垣市の西濃運輸

 プロ野球のドラフト会議は20日開かれました。岐阜県関連では、ともに西濃運輸の船迫大雅(ふなばさま・ひろまさ)投手が巨人から5位指名、林優樹投手が楽天から6位指名を受けました。

     
 船迫投手は宮城県出身の右のサイドスロー。聖光学院高、東日本国際大を経て2019年に西濃運輸に入社し、エースとしてチームをけん引してきました。22年の都市対抗2次予選では4試合に登板して1失点と好投し、本大会出場に貢献しました。

※船迫大雅投手
 正直、自分的には何位できても準備していたんですが、こんな早く来るとは思わなかった。1年でも長く、チームに残っていられる投手であれればいいと思っています。

 林投手は、技巧派左腕として近江高校(滋賀県)で春夏通算3回、甲子園に出場し、エースとして活躍。西濃運輸入社後、2年目まではけがに泣きましたが、体づくりに取り組んで、3年目の22年シーズンは日本選手権予選(9月)で先発し、6回1失点の好投を見せました。

※林優樹投手
 指名されて今はほっとしています。今ようやくスタートラインに立てたかなと思いますし、まだまだ自分は経験もないので(同世代に)1日でも早く追いつけるように、また追い越せるようにやっていきたい。


 このほか岐阜県ゆかりの選手は、大垣北中出身の北村恵吾内野手(近江高ー中央大)がヤクルト5位、大垣商業高校出身の富田蓮投手(三菱自動車岡崎)が阪神から6位で指名を受けました。


 さらに育成枠では、オリックスが中京高校出身の茶野篤政外野手(四国ILplus)を4位で、ソフトバンクが西尾歩真内野手(中京高ー中京学院大)を13位で指名しました。

関連記事