ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜市のスーパーで販売「ちりめん」にフグ混入 食中毒のおそれ 市保健所が回収呼び掛け

岐阜市のスーパーで販売「ちりめん」にフグ混入 食中毒のおそれ 市保健所が回収呼び掛け

岐阜市のスーパーで販売した「ちりめん」に、食中毒のおそれがあるフグが混入していた...
ちりめんに混入していたフグ(岐阜市保健所提供)

 岐阜市のスーパーで販売した「ちりめん」に、食中毒のおそれがあるフグが混入していたことが18日分かり、岐阜市保健所は商品の回収を呼び掛けています。

 自主回収の対象となっているのは、岐阜市の「ピアゴ長良店」で今月8日から17日まで販売された「まるかつのちりめん」17パックです。

 17日午後、購入した客から「フグが混入している」と、店舗に連絡があり発覚。フグは体長およそ2~3センチで、これまでに1匹の混入が確認されました。

 ちりめんを加工したのは三重県鈴鹿市の加工業者で、岐阜市保健所によりますとこれまでに健康被害は確認されていませんが、食べると食中毒のおそれがあるということです。

 保健所は「該当商品がある場合は絶対食べずに、購入した店に連絡を」と呼び掛けています。

関連記事