ニュース

  • ニュース一覧
  • 朝日大ボランティア団体「めぐる」に総理大臣表彰 岐阜県警に報告

朝日大ボランティア団体「めぐる」に総理大臣表彰 岐阜県警に報告

安全・安心なまちづくりに貢献したとして総理大臣表彰を受けた、岐阜県の大学生ボラン...
「めぐる」の代表 島田悠生さん(中央)と大野正博教授(左)=18日午前10時ごろ、岐阜県警、岐阜市

 安全・安心なまちづくりに貢献したとして総理大臣表彰を受けた、岐阜県の大学生ボランティア団体の代表者が18日、岐阜県警本部に受賞を報告しました。

 内閣総理大臣表彰を受けたのは、朝日大学(岐阜県瑞穂市)の法学部の学生でつくる自主防犯ボランティア団体「めぐる」です。


 学生が地域の防犯マップを作成してパトロール活動を始めたのをきっかけに、2010年に自主防犯組織として設立された「めぐる」は、ことしは38人のメンバーが、交通安全や防犯などさまざまな啓発活動に参加しています。


 18日は「めぐる」の代表で法学部3年島田悠生さんと大野正博教授が県警本部を訪れ、加藤伸宏本部長、森島竜一生活安全部長らに受賞を報告しました。

 
 島田さんは「周囲の支えのおかげ。一つひとつの小さな活動を今後も頑張りたい」と語り、大野教授は「学生の努力が実った。活動を引き継いでいければ」と、意欲を示しました。

関連記事