ニュース

  • ニュース一覧
  • 「日本で最も美しい村」さらに美しく 休耕田にスイセン植える 岐阜県下呂市馬瀬地域

「日本で最も美しい村」さらに美しく 休耕田にスイセン植える 岐阜県下呂市馬瀬地域

岐阜県下呂市の馬瀬地域で「日本で最も美しい村ビューティフルデー」の美化活動が行わ...
スイセンの球根を植える住民ら=16日、下呂市馬瀬惣島

 岐阜県下呂市の馬瀬地域で「日本で最も美しい村ビューティフルデー」の美化活動が行われ、休耕田にスイセンの球根を植えました。


 これは、美しい農村景観の保存を目的に全国61の町村でつくるNPO「日本で最も美しい村」連合が、10月4日の設立日にあわせ2年前に「ビューティフルデー」と題した美化活動を実施したのが始まりです。


 連合に加盟する下呂市馬瀬地域では、馬瀬地方自然公園づくり協議会と地元住民ら約50人が参加して、沿道の草刈りやスイセンの球根を休耕田に植える作業が行われました。


 参加者は、くわなどで深さ10センチの溝を掘り、ゴールデンカーペットやイエローセールポイントの計4000球の球根を丁寧に、同じ間隔で植えていました。

※3年生女子児童
 「今植えたスイセンがきれいに咲いてくれるとうれしいです」

※一般社団法人 馬瀬地方自然公園づくり協議会 小池永司会長
  「来年3月終わりに開花して、きれいな花が咲きますので、ぜひ皆様に見ていただきたいと思います」

関連記事