ニュース

  • ニュース一覧
  • 焼岳噴火を想定…児童ら慌てず、冷静に避難訓練 岐阜県高山市の小学校

焼岳噴火を想定…児童ら慌てず、冷静に避難訓練 岐阜県高山市の小学校

岐阜県と長野県にまたがる活火山、焼岳の噴火警戒レベルが急に引き上げられたことを想...
避難所へ向かう車に乗り込む児童ら=17日午前、高山市奥飛騨温泉郷栃尾、栃尾小学校

 岐阜県と長野県にまたがる活火山、焼岳の噴火警戒レベルが急に引き上げられたことを想定した緊急避難訓練が17日、岐阜県高山市の小学校で行われました。

 焼岳はことし5月に火山性地震が増加し、噴火警戒レベルが一時「2」の火口周辺規制に引き上げられました。

 高山市奥飛騨温泉郷の栃尾小学校では、焼岳の噴火警戒レベルが「3」の入山規制に引き上げられた場合、児童は15キロほど離れた同市上宝町の本郷小学校へ避難することになっています。

 17日は、授業中に警戒レベルが3に引き上げられたーとの想定で訓練が行われました。

 全児童44人は校内放送を聞いた後、ヘルメットをかぶり、避難バッグを背負って外に出ると、教諭の車に乗り込む手順を確認しました。

※4年生男子児童 
 「今日の訓練を本番に(災害時に)生かしたいと思いました」

※栃尾小学校 田中孝枝校長
 「地域と連携して子どもたちの命を守る、子どもたち自身が自分で自分の命を守るということを大切にしていくように(訓練を)続けていきたいと思います」

関連記事