ニュース

  • ニュース一覧
  • 寬仁親王妃信子さま岐阜県訪問 モロッコガーデン開園式典にご出席

寬仁親王妃信子さま岐阜県訪問 モロッコガーデン開園式典にご出席

寬仁親王妃信子さまが4年ぶりに来県され15日、可児市の「ぎふワールド・ローズガー...
セレモニーで挨拶される寬仁親王妃信子さま=15日午後、ぎふワールド・ローズガーデン、可児市瀬田

 寬仁親王妃信子さまが4年ぶりに来県され15日、可児市の「ぎふワールド・ローズガーデン」で開かれた式典に出席されました。

 信子さまは、日本ばら会の名誉総裁で、ぎふワールド・ローズガーデンにある「フレンドシップガーデン」の名誉園長を務められていて、来園は3度目です。

 15日は、モロッコの職人によって改修工事が完了した「モロッコガーデン」でオープニングセレモニーがあり、信子さまがお言葉を述べられました。

※寬仁親王妃信子さま
 「このたびモロッコ王国が世界に誇る伝統技術である『ゼリージュ』で彩られた美しいモロッコガーデンが、岐阜県が世界に誇るこのバラ園に新しく加わることでますますワールド・ローズガーデンの名にふさわしい公園になることでございましょう」

 モロッコガーデンは広さ・およそ600平方メートル。

 壁や噴水が「ゼリージュ」と呼ばれる伝統技術のモザイクタイルで彩られ、バラやハーブとの競演が見どころです。

 信子さまは、県の古田肇知事らの案内で散策され「すてき。青空にとても合いますね」と話されました。

 また、会場で23日まで開催される「モロッコヴィレッジ」では、お茶を味わわれたり、伝統の手工芸や音楽を鑑賞されたりしてモロッコの文化を楽しまれました。

  岐阜市では、県美術館で開館40周年を記念して開催中の前田青邨展をご覧になりました。

 信子さまは、源頼朝が平家から逃れて家臣と共に身を潜める場面が描かれ国の重要文化財に指定された「洞窟の頼朝」をじっくりと鑑賞され、学芸員の解説に熱心に耳を傾けられました。

関連記事