ニュース

FC岐阜逆転負け、7戦白星なし

 サッカーJ3のFC岐阜は15日、残り6試合の第29節でアウェイで松本山雅FCと対戦し、1対2で逆転負けを喫し、7試合ぶりの白星はなりませんでした。

 岐阜はスタメンに庄司に替えてヘニキを入れ、立ち上がりから中盤までは昇格争いで負けられない松本の勢いに押され気味でしたが、前半27分に畑がCKからのこぼれ球を左足で押し込んで先制しました。3試合連続の先制ゴールでしたが、後半3分に後半から出場の2人に右から崩され、ルカオのパスを受けた田中パウロ淳一に同点ゴールを決められました。さらに26分には左サイドから形を作られ、再び田中にクロスボールをボレーで勝ち越しゴールをねじ込まれ逆転負けを喫しました。

 岐阜は今季5度目の連敗で 9月3日のYS横浜戦の勝利以来2分4敗。7試合ぶりの白星はならず通算成績は9勝6分14敗、勝点は33、暫定順位は10位のままです。

 松本山雅FC 2(0-1、2-0)1FC岐阜

 残り5試合となる次節30節23日はホーム長良川競技場で12位のアスルクラロ沼津と対戦します。

関連記事