ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜・長野県境の安房トンネルで救助訓練 本格的な秋の行楽シーズン前に

岐阜・長野県境の安房トンネルで救助訓練 本格的な秋の行楽シーズン前に

本格的な秋の行楽シーズンを前に、中部縦貫自動車道の岐阜、長野県の県境にある安房ト...
多重事故を想定した救助訓練に取り組む消防関係者ら=12日午後、岐阜・長野県境の安房トンネル

 本格的な秋の行楽シーズンを前に、中部縦貫自動車道の岐阜、長野県の県境にある安房トンネルで12日、両県の警察と消防が連携して救出訓練を実施しました。


 岐阜・長野の県境となる安房トンネルで行われた訓練には、NEXCO中日本と両県の警察や消防から計60人が参加し、乗用車4台が絡む事故を想定して行われました。


 参加者はスプレッダーと呼ばれる機材で車のドアを壊し、助手席に閉じ込められた負傷者を救出する訓練を展開。万が一に備えて手順や連携を確認しました。


 NEXCO中日本は奥飛騨地域の短い秋を踏まえ、「雪に備えてスタッドレスタイヤや、タイヤチェーンの準備を早めにお願いします」と呼び掛けています。

関連記事