ニュース

  • ニュース一覧
  • 高校書道部員が力強く「税の意義」大書 県岐阜商、税を考える週間PR 

高校書道部員が力強く「税の意義」大書 県岐阜商、税を考える週間PR 

来月の「税を考える週間」をPRしようと、岐阜市の高校生が11日、税に関する書をし...
税に関する書をしたためる県立岐阜商業の生徒たち=11日午後4時ごろ、岐阜市

 来月の「税を考える週間」をPRしようと、岐阜市の高校生が11日、税に関する書をしたためて納税の大切さを伝えました。


 国税庁は毎年11月11~17日を「税を考える週間」と定めて、国民の義務である税の意義や役割を考え、納税意識を高めてもらおうと啓発活動を行っています。そのPRに県岐阜商書道部が協力しました。


 11日は生徒およそ20人が、縦2.5メートル、横4メートルの和紙に「税の意義」と力強く大書しました。また金華山を描いた和紙には「これからの社会に向かって」と一字一字、丁寧に書き上げました。


※県岐阜商書道部2年 森穂乃香さん
 「(背景の)絵があることでより字が映えたかなと思います。税に対して理解が深められたらなと思って書いたので、その願いが(皆さんに)届くといいなと思います」


 生徒の書道作品は来月4~7日、岐阜市のぎふメディアコスモスに展示されます。

関連記事