ニュース

  • ニュース一覧
  • アートで岐阜県を活性化できるか 岐阜市で文化・芸術フォーラム

アートで岐阜県を活性化できるか 岐阜市で文化・芸術フォーラム

アートによる県内の地域活性化の可能性を探り、新たな取り組みにつなげる「清流の国ぎ...
日比野克彦館長らによるパネルディスカッション=11日午後2時ごろ、岐阜市、県図書館

 アートによる県内の地域活性化の可能性を探り、新たな取り組みにつなげる「清流の国ぎふ 文化・芸術フォーラム」が11日、岐阜市で開かれました。

 

 文化・芸術フォーラムは県図書館で行われ、古田肇知事は約150人の参加者に「清流文化を継承し、選んでもらえるような地域の魅力を発信していくことが大切」とあいさつしました。


 アートディレクターの北川フラムさんが基調講演し、全国各地で手掛けてきた地域づくりの事例を紹介しました。そのうえで「地域に根付いた財産やあるものを活用して、新しい価値を作り出していくことが重要だ」と話しました。


 続くパネルディスカッションには県美術館の日比野克彦館長ら5人が登壇。「文化・芸術は地域の中にある。アーティストが入ることで違う視点から新たな価値を発見し、それが地域づくりにつながっていく」などとの意見が出されました。

関連記事