ニュース

  • ニュース一覧
  • 素人歌舞伎役者らが安全・安心なまちづくり啓発 岐阜県中津川市で市民大会

素人歌舞伎役者らが安全・安心なまちづくり啓発 岐阜県中津川市で市民大会

市民が演じる地歌舞伎の素人役者らが、防犯意識の向上を呼び掛けました。 10月11...
安全・安心なまちづくりを呼び掛ける素人歌舞伎役者ら=7日午後、中津川市の東美濃ふれあいセンター歌舞伎ホール

 市民が演じる地歌舞伎の素人役者らが、防犯意識の向上を呼び掛けました。

 
 10月11日から始まる全国地域安全運動を前に、岐阜県中津川市で7日、安全・安心市民大会が開かれました。


 市民の防犯意識を高めて犯罪や事故のない地域社会を築こうと開かれたもので、市民をはじめ、行政、警察関係者らが参加。東濃歌舞伎中津川保存会と中津川警察署が去年結成した「安全安心一座」が芝居公演を披露しました。


 一座は中津川署のマスコットキャラクター「御用の五平」「たれみちゃん」とともに、SNSの危険性や横断歩道の渡り方、それにながらスマホの危険性などをテーマにした芝居を情感たっぷりに上演。参加者は楽しみながら地域安全への理解を深めていました。


 公演の模様は収録され、市内の小中学校へ配布される予定です。

関連記事