ニュース

  • ニュース一覧
  • 子ども役者、地歌舞伎公演に向け真剣 岐阜県飛騨市の小学校

子ども役者、地歌舞伎公演に向け真剣 岐阜県飛騨市の小学校

岐阜県飛騨市の小学校で、11月に開かれる「こども歌舞伎」の舞台に挑戦する子どもた...
歌舞伎の指導を受ける子どもたち=5日、飛騨市河合町、河合小学校

 岐阜県飛騨市の小学校で、11月に開かれる「こども歌舞伎」の舞台に挑戦する子どもたちが専門家から指導を受けました。


 飛騨市河合町の河合小学校では、地域に継承されてきた地歌舞伎を地元の人たちに披露しています。11年前からは瑞浪市にある美濃歌舞伎博物館「相生座」館長の小栗幸江さんから指導を受けています。


 今回は鎌倉時代の曽我兄弟によるあだ討ちを題材にした「壽曽我対面工藤館の場」を演じることになっていて、5、6年生あわせて13人が稽古に励んでいます。


 子どもたちは小栗さんから、舞台での立ち振る舞いなど所作や、役柄の心境に合わせたせりふ回しなどの指導を受けました。


※参加した子ども
 「習ったことを意識して本番も頑張りたいです」

 
 こども歌舞伎は11月12日に小学校で開かれる「河合っ子座」公演で披露されます。

関連記事